関連記事覧
【システム】

【システム】セービングシフト

セービングシフト(のけぞり中にACorBD)

攻撃を受けている最中に交代できるシステム。
スキルポイントを2個消費する。(ここではスキルポイントが2個ある状態を『MAXスキル』とする)

制約について、セービング不可能な技の属性や性質がある。
  • 属性…超必殺技
  • 属性…リーダー超必殺技
  • 性質…浮かし(相手の状態を空中にする)
  • 性質…ダウン(相手の状態を寝かせる)
  • 性質…ロック(成立すると特定の演出に移行する)
これらは、MAXスキルの相手にセービングシフトを『させない』対策手段となる。

成立後の流れ。(対応するボタンはノーマルシフトと変わらない)
まず、戦闘中のキャラクターが『全身無敵』で画面の外に引っ込む。
続いて、交代するキャラクターが相手をサーチし、自動的にジャンプ攻撃を出す。
その際、出現キャラクターに無敵はない。
相手に向けた攻撃(ここでは出現攻撃とする)は吹っ飛ばし攻撃と同じ性質をもち、ガード不能だがダメージはない。

少なくとも、確実に交代できる手段ではある。
MAXスキルを使うだけの見返りを求めた、効率を考えた活用を心掛けたい。

数あるシステムの中でも、重要度の高いシステムといえるだろう。

記入欄
名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:
記事“【システム】セービングシフト”について

記事トラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。